「変形性頚椎症」と診断された私のつらい症状~背骨が湾曲している事実も発覚!!


ke1roこんにちは!敬一郎です。
途切れのない肩こりで悩まされている私ですが、30代後半頃から首と背中にずーと鈍い痛みを感じて生活しています。
ちなみに私は普通のサラリーマンで、デスクワークが主な仕事です。

私の仕事が工学エンジニアということもあって、日々の残業が多く、週の半分ほどは日付けが変わる頃に帰宅するのが当たり前だし、休日もお構いなしで出勤することがけっこうあります。

つらい痛みに堪えかねて病院を訪ねる~「変形性頚椎症」診断

そういった仕事や生活の中での”こり”の痛みに耐え続けているのですが、ただこの「変形性頸椎症」と分かるまでは”すぐに直るだろう~”とタカを括っていて、積極的に治そうとは思ってもいませんでした。

そういったズボラな性格が災いしたのか、しばらく放っておくうちに日に日に症状は悪化の一途を辿り、鈍い痛みに加え、背中全体にシビレも感じるようになってしまいました。

日を追うごとに痛みは増すようになり、シップ薬などによる改善効果も徐々に薄れてきた頃、仕事で打合せに出向く途中で、急に首と背中に呼吸もままならない強烈な痛みに襲われて、耐え切れず近くの病院へ駆け込んだんです。

MRI1

診断された病名は「変形性頚椎症」・・・

始めて聞く病名で何が何だか良く分かりませんが、医者の説明では”首の骨や関節・靭帯などが変性して痛みを発祥する症状”らしいのです。

撮影したMRI(参考画像です。ここまで酷くはない)を見て、医者曰く・・・

”これは「変形性脊椎症」も多少あるが「変形性頚椎症」が痛みの原因ですね~多いんですよ、この症状は!!”

”痛みは和らげられるが時間は掛かる”とのっけから軽く宣告されました。

医者からは”治療は、まず筋肉を柔らかくして血行を良くするマッサージから始めましょう”と言われ、週に3回ほどマッサージを受け続けましたが、処方している間は楽になっていいのですが、家に着く頃には元の痛い状態に戻っている始末。

治療はしているが、一向に改善の兆しがない・・・さて、どうするべきか・・・と悩み始めたのが痛み治療の始まりです。

とにかくつらい私の症状!!

私の場合、背骨が湾曲しているせいか、首と背中全体、腰にも一部に鈍痛、時には刺すような痛みが発生している状況です。では、”どんな時に痛みを感じるか”ですが、

  • 首を大きく上下に動かすと痛みを感じる!!
    首の骨は7つの頚椎が重なるように一連で曲がるしくみになっていますが、私の場合、頚骨辺り全部が刺すような痛みを感じる。
  • 朝起きて立ち上がると背中に軽い痛み⇒デスクワークでは鈍い痛み!!
    これは既にライフワークみたいなもので、慣れっこの領域に入っています。PCに向かって15分位で背中が重く感じ、そのうち鈍い痛みに変わる。時々、ストレッチはするものの、お昼頃にはちょっとしたシビレを覚える。
  • 腰への負担!!
    上半身を支えている腰は首や背中ほどではありませんが、同じ姿勢を長く取っていると腰の脇に引っ張られるような痛みを感じる。

「変形性頚椎症」になった原因は”特定できない”と言われた!

患者からしてみれば、誰しも”どうしてこんな症状になったのか”原因を知りたいし、原因が分らないと予防ができない。そこで、医者に詳しく聞いてみたが、この医者からは、”頸椎の加齢”が原因としか回答が返って来ない。

加齢は分かりますが、例えば”猫背が原因!”とか”寝方の悪さが原因!”などと例に取って説明してくれればいいんですが、正直、この病院でははっきりとした原因を説明してはくれませんでした。

jyosei

でもこの医者が言うには、この「変形性頚椎症」は実際の原因を特定するのがむずかしいらしいのです。

原因を挙げるとすれば、普段の姿勢から患う人もいれば、スポーツのやり過ぎからなる人もいる。でも、一番多い原因は、やはり”頸椎の加齢”だそうです。

当然、姿勢に関しては、仕事をしている時や寝ているときの姿勢・・・特に合わない枕を長年使用している場合にも起こり得るとのこと。

”とにかく治療の前に姿勢や生活習慣を直さなきゃね~!!”と笑って言われ、何か人格まで否定された感じで、こっちとすれば正直いい気がしない。

確かに「名は体を表す」ではないですが、”姿勢は性格を表す”と同じようにも捕らえられるので、ま~医者の言うことにも一理はあります。ここは一応納得して治療を続けることにしました。

しかし、この病院は、ドクターショッピング以前の病院だったので1ヶ月ほどで止めました。毎回マッサージと電気治療のみしかやらない昔からあるワンパターン療法で、来院しても医者からの症状の問診もなく、ただのルーチン治療みたいなものばかりやっていました。

それに嫌気が差し、かなりの病院数を渡り歩いたのですが、なかなか自分に合った病院が見つからず、半ば諦め掛けていたときに、友人からある一つの小さな医院を紹介されました。

スポーツマッサージもやっている小さな医院でちょっと不安でしたが、この医院が私の症状をグーンと和らげてくれることになるとは思いもしませんでした。

「変形性頚椎症」のつらい痛みを背負っている方・・・「変形性頚椎症」は、病院選びでこり改善にかなりの差がでます。諦めずに、自分に合った病院さえ見つけられればきっと楽になるハズです。探してみてください・・・自分の体のために!!