「変形性頚椎症」の痛み改善効果は選ぶ医者で変わる~納得できる病院選びとは?!


ke1ro変形性頸椎症を含め、腰痛、ヒザ痛、肩こりなど、関節部の痛みを改善させるための一番の近道は、まず初めに良い医者を選ぶと同時に、良い病院を選ぶことです。施術や治療する施設は色々ありますが、

病院、医院”と”整骨院、整体、接骨院”の違いをご存知ですか?

最近はリラクゼーションルームやエステサロンでも同じようなことをやっているので、ちょっと間違ってしまいそうですよね。

前者(病院、医院)は医療機関に分類され、治療で治すもので医師が処方します。
かたや後者は民間医療法と呼ばれ、東洋医学を中心としたマッサージや指圧、鍼灸などで施術するもので、柔道整復師が行います。

決定的に違うのは・・・

民間医療法は、治療行為そのものを行うことはできません。(←これ大事)

例えば、民間医療法はレントゲン撮影すらできないのです。
なので、最初は自分のからだの可視化、原因究明のために医療機関に行くことが先決です。

そして痛みの原因が解明されれば、その後ゆっくりと民間医療に移行するのが理想です。
医薬品やサプリメントなどの服用も、これが分かってからの行動になります。

患者が良い医者を選ぶための拘りとその条件!!

私の選ぶ良い医者像(医療機関、民間医療問わず)って言うんですか・・・
私は、この肩こりや背中の痛みを治療するお医者さんや病院に対して、ちょっとした拘り(こだわり)を持っています。その拘りのポイントは・・・

ポイント:症状だけを診て患者を診ていない医者は避ける!

当たり前のことですが、私は、医者選びってこれに尽きると思っています。
患者は、医者が下した処方が正しいかどうかは分らないので、医者の言うことを真面目にやってさえいれば大丈夫と思いがちです。

実際、私も同じでした。ただこれは大きな間違いです。
最初は”ちょっと診てもらえば直るだろう・・・”的な気楽な考えで、手短に済ますイメージしかなかったので、正直、”医者”、”病院”という名が付いていればどこでも良かったのです。

患者

病院(医者)選びなんて誰でも最初はそんなものです。ただ、いくら治療しても改善効果が薄かったらどうしますか?

言い方は悪いですが、やっぱりお医者さんにも商品と同じで当たり外れがあるんです。

私が最初に受けた整骨院では、いつも同じルーチン治療(マッサージ、低周波治療等)・・・

その中には、経過を確認する”問診”がほとんどありませんでした。

全ての医者がそうとは言いませんが、病院を代える度に初診時にルーチン的な治療方法が告げられ、それだけの治療を毎回繰り返し、患者の改善効果を診るのは極たまにだけ・・・って、やはりおかしい治療法だと誰でも思うはずです。

”木を見て森を見ず!!”⇒”症状だけを診て患者を診ず”・・・ですね。

首や背中の痛み治療は、風邪みたいに短期間で治るものと違い長丁場になるので、医者と患者の信頼関係が崩れると治るものも治らないと思っています。

ポイント:私が思う良い医者の条件~メンタルケアの気配り!

首や背中、腰などに痛みを感じて治療している患者の大半は、”心が病んでいる人が多い”と私は思っています。事実、私もそうだし、正直、直るのかどうかも不安・・・。
一生この痛みと付き合いたくないと誰しもが思っているはずです。

”症状だけを診て患者を診ず”って書きましたが、それを真正面で受け止める患者の心境は本当につらいものがあります。

確かにマッサージなどを続けていけば、改善効果はあると思いますが、”病は気から”でしょう。

気持ちが弱っているだけで痛みが増したり、無気力になったりします。

そういった”痛みに疲れ果てた患者”の心のケアをするお医者さんって非常に少ないですね。

毎回、ちょっとでも声を掛けて、症状の改善具合でも説明してあげれば、患者は気持ち的にも楽になれると思うし、特に病んでいるお年寄りの方には本当に効果があると思います。

患者が医者に自分のからだを託せると思える6つのポイント!

私が医者や病院を選ぶときのポイントは、上で延べたとおりですが、具体的には以下の条件を満足する医者を選びました。

  • 痛みの原因を分りやすく伝える
    何が原因でこうなったかを明確に提示
  • はっきりとした告知をする
    治るのか治らないのかはっきり伝える
  • インフォームドコンセプトをはっきり伝える
    この症状はこうだからこの方法が医学的には最高・・・などの説明
    院内でのセカンドオピニオンの情報提示
  • 使用する治療器具の改善効果とその説明
    使用機器にどんな改善効果があるのかを明示
  • メンタルケアによる治療(←これ大事!)
    改善の兆しや今後の治療スケジュール、早期改善方法、改善目標など患者の立場で説明
  • 患者を客観的、別方向から診る事ができる
    既往治療に捉われず、別角度からの治療法法を模索する

病院ジプシーの私がやっとめぐり会えた病院とお医者さん!

私が最終的に選んだ病院・・・それは街の小さな医院(医療機関)でした。
友人からの勧めもあり、ダメもとで行った病院です。

この医院は、今流行りの施設も無く不安でしたが、ただ、スポーツマッサージも手掛けていて、部屋の半分はフィットネスジムみたいな運動器具が置いてあります。

ここで一通り検査をして問診を受けましたが、すぐに今までの医者とは違うことが分かりました。

今までの医者が目を向けていた場所や治療法とは目線がまったく違っていて、背中や肩だけでなくからだすべての動きを時間を掛けて隅々までチェックするのです。

参考に、そのときの医者との会話とやり取りを書きます。

医者発言①:
紹介状や最近撮影したレントゲン写真とかお持ちですか?
レントゲンとかMRIもバカにならないお金なので、直近に他所で撮ったものがあればそれでかまわないですよ・・・と優しいお言葉!!
(⇒実は前の病院でレントゲン写真を下さいとお願いしたが、医療法がどーのこーのとゴネられたうえ、ダメと断られている⇒再撮影実施)

医者発言②:
「変形性頚椎症」と「変形性脊髄症」の合併症状が原因ですが(骨格標本で痛みの原因を提示)、あなたの場合、〇〇で・・・(省略)・・・なので痛みが発生している。

医者発言③:
この痛みは完全に取ることはできません・・・つまり、完全には治らないという事です。
でもあなたの努力次第で改善させて、元通りの違和感のない生活を送れるようにはなります。(これは覚悟していたことですが、ちょっとショック!!)

医者発言④:
治療方法は対症療法・・・つまり自然治癒力を付けるやり方です。

医者発言⑤:
痛みは、鍼や低周波などで楽にする方法がありますが、あくまで一時的に改善させる刺激療法なので、今のあなたのからだには効果は薄い。
あなたの体格には、筋肉を和らげるマッサージやストレッチ運動を複合させて治療する方が効果的。
どの運動療法が良いかはスポーツトレーナーとも話して決めます・・・。

医者発言⑥:
(その後、数回通院した後で)少し楽になったら、しばらく通院しなくていいです。
多少痛くても、あなたがやる運動や自己マッサージで十分改善されるはずです。
サボらないでやればですが。(笑)

”この先生、自分の体を良く診てくれているんだ”って思いましたね・・・というか、患者のからだも気持ちも見抜いているという感じです。
ここの病院の医者だけが、能書きしか垂れない別の医者とちょっと違う見方、目線、やり方をした医者でした。

以上、私が選んだ先生です。
今でも治療していますが、大半は医者とトレーナーに教えてもらったストレッチ方法とこり改善グッズを使って”こり”をほぐしていますが、本当に苦しくなった時だけ通うようにしています。

あと、医者やトレーナーに言われたこと・・・
”マッサージやストレッチは自宅で簡単にできますよ。ちょっと教えますね・・・(方法を教わる)痛くなったら試して見てください。すぐに効果が出るはずですから!!”と家でできるこり改善方法も教えていただきました。

その中には硬式テニスボールを使ったこり改善方法もありました。

しかし、医者と言えども商売なのに、来なくていいとかお金の掛からない方法を教えたりとかって・・・そんな医者とは会ったことはないし、最初は逆に大丈夫かな~って思ってしまいました。

前の病院では、変な医療器具を売りつけられそうになったりしていたので、今思えばちょっと笑えます。

いかがですか?
首の痛みや背中などの鈍痛なんかは、選ぶ医者で大きく改善効果が変わるんです。

私がラッキーだったことは、スポーツマッサージもやっている病院を選んだこと。
同じ医院の先生同士が違った目線で診てくれることで、改善効果が上がっているのかも知れません。

もし、病院探しにお困りなら、スポーツマッサージもやっている病院がお奨めですよ。

無料&格安モニターでお得にお試し!

気に入って使っている化粧品やサプリが、あるときから”何となく自分に合っていない・・・”と感じることがありませんか?
化粧品は年齢に合わせて自分に合ったものに替えて自分を輝かせるものですし、サプリメントも変化する自分のからだに合わせて、より自分に合ったものに替えていくものです♡

ただ一度も試していないのにいきなり数千円という値段を支払うには、勇気と抵抗と疑いがありますよね♡

無料モニターやトライアルから始めると大きな出費もないですし、失敗もしないで済みます♡