【中山式快癒器】:痛いツボにじわっと届くツボ押し器~スキマ時間でこり改善|健康グッズ|

夫婦


ke1ro”うぅ~背中がこって苦しい~ちょっとやそっとのストレッチだけではとても治りそうにない・・・”
そんな首や背中に鈍い痛みを感じている人はけっこう多いと思います。

こりを改善するという意味では、手っ取り早い言い方をすると”人に揉んでもらう!”というのが一番効果的ですが、揉んでくれる人がそばにいないときってホント困りますよね。

そういったときに手元にあると便利なもの・・・
そう、自分でこりのツボを刺激することができるグッズがあればホント便利ですよね。

そんなときに私は、随分と昔から多くの方に愛用されている【中山式快癒器】を使っています。

国民に愛用されて70年~【中山式快癒器】のここがすごい!

私のこり改善方法の基本的な考えは、形や古臭さに捉われず、効果のある(と思う)ものはできるだけ試してみて、気に入ったもの、自分に合っているものは、”こり改善ライフワーク”のひとつに取り込むという考え方です。そして・・・

”こり”を感じたらすぐ処方する!!

こりを長く引きずらないよという考えです。

私の場合、”こり”の大半は患部の血行障害・不良によるものが原因です。
サラリーマンという職業柄!ほとんど内勤の私に取っては、からだを大きく動かす機会も少なく、しかもPC作業で同一姿勢をずーとキープしているので、常に首や背中の筋肉の緊張状態が続いています。

中山式快癒器

その体勢から、ちょっと背中や首に違和感を感じ始めたときのために、常に手元に【中山式快癒器(なかやましきかいゆき)】を置いています。

左の画像を見てください。

これは、もう10年ほど前に購入した中山式快癒器ですが、あまりにも使い過ぎて押圧球が既に磨り減っています。(笑)

さすがに10年近く毎日使っていると見た目は悪くなりますが、ツボ押しの押圧球のスプリングなどは全くと言っていいほど衰えはありません。何より、痛くなったときにすぐ使えて、ホントに5~10分もやれば”こり”が確実に改善されます。(これを造った人はすごいと思います)

ツボ押し器の【中山式快癒器】って、いまどきジジ臭いとかって感じですが、これが作られてから既に70年が経ちますが、短時間で効果が表れることや、使い勝手がいいことから”こり症候群”の方に支持されて、今でもたくさんの方が愛用しています。

ポイント:確実に痛みのツボを捕らえる【中山式快癒器】

前回の記事:


この記事でも書いていますが、自分でできるマッサージを効率よくやるためには、まず”的確なツボを押さえること”が大事です。(上の記事でこりに効くツボを紹介しています)

”こり”に効くツボは東洋医学が起源となっていますが、このツボをうまく押さえると、こり固まっている筋肉の筋(スジ)全体にビーンと刺激がきます。

スジ全体に刺激があるってことは、【中山式快癒器】の押圧球のひとつひとつが確実にツボを捕らえているということです。

中山式快癒器は2球玉と4球玉仕様~腰痛には4球玉がおすすめ!

この【中山式快癒器】は、押圧球が4球玉と2球玉とありますが、ヘタな方が使っても確実にツボが押さえられる配置となっているのが特徴です。
私が使っている4球玉は背中と腰痛に使えますが、首こりの場合は2球玉の方が使い勝手が良いです。

またこの押圧球が優れもので、こう見えてスプリングの反発力が調整できるのです。
地味といえば地味ですが、この調整でこりや痛みの度合いに合わせてツボ押し効果を最大限に引き出せる仕様になっています。

【中山式快癒器】:痛いツボにじわっと届くツボ押し器
製造者 中山式産業株式会社

■取扱い
【中山式快癒器 強弱機能4球式】
<特徴および効能>
・快癒器の上にそっと体重をかけるだけで
「あんま」「指圧」と同じ働きをします。
・底部のノブを回し、球頭の高さを変えることで、
押圧力の強弱を使い分けるこ とができます。
・4球式は背中・腰用。それぞれの部位に合わせ
使い分けることで快適にご使用いただけます。
<製品情報>
色:白
本体/ABS樹脂、POM樹脂
バネ/スチール
球頭部/クロームメッキ仕上げ
サイズ:縦17.8cm×横14.6cm×高さ5.5~7.5cm

■取扱い
【中山式快癒器 強弱機能2球式】

<特徴および効能>
・快癒器の上にそっと体重をかけるだけで
「あんま」「指圧」と同じ働きをします
・底部のノブを回し、球頭の高さを変えることで、
押圧力の強弱を使い分けることができます
・2球式は首すじ・肩用。それぞれの部位に合わせ
使い分けることで快適にご使用いただけます。
<製品情報>
色:白
本体/ABS樹脂、POM樹脂
バネ/スチール
球頭部/クロームメッキ仕上げ
サイズ:縦11.0cm×横14.4cm×高さ6.5~8.5cm

見た目はちょっとダサいし、たかが”ツボ押し器でしょ”と思いますが、70年間も変わらず製造され続けてもなお販売されて使われている歴史を考えてみれば、その実力は”名器”と呼ばれるほど確かなものだと思います。

使っている私だからこそ言えるのですが、これは掛け値なしでおすすめします。
ウソ偽りなくからだが軽くなります。(これは首にも使えますよ)