風邪によく効く「葛根湯」を飲むだけで肩こり・首こりの初期症状を楽にする方法!!

葛根湯


ke1ro上の画像の花の名前・・・パッと見て分かる方がいたら、その方は”通”ですね。上の花は”葛(くず)の花”です。

昔からご年配の方が万能薬として葛湯(くずゆ)にして飲んでいたものですが、風邪によく効く”葛根湯”の原料となるものです。

この葛根湯・・・風邪に効果てきめんの漢方薬ですが、肩こり・首こり改善にもよく効くことをご存知でしたか?

身近な漢方薬「葛根湯」~その使い道は風邪だけではない!!

昔の人・・・いや、漢方薬を考えた人はすごいですね。
漢方の出所は今だ不明ですが、朝鮮半島を経由したのち、中国から日本に伝来してきたと言われています。

葛根湯の原料

そんな話はどうでもいいのですが、その漢方医学で作られたものが「葛根湯」です。

「葛根湯」と言えば、風邪の症状によく効くと言われていますが、実はこれ!肩こり・首こりにも改善効果があるのです。

「葛根湯」の原料である葛(くず)には、からだを温めて発汗作用を促進させる生薬が含まれているため、血行が良くなることで代謝を促して、からだの老廃物を取り除いてくれます。

風邪をいち早く治すためには、”汗を掻く”・・・
「葛根湯」が風邪の症状に良いとされるのは、葛が発汗作用を促すからです。

ではどうして”肩こり”や”首こり”に「葛根湯」が効くのかですが、「葛根湯」にはからだを温める発汗作用があります。
からだが温まれば、おのずとこり固まった筋肉の緊張が解けて血流が良くなって、結果、こりが解消されるというわけです。

発汗作用と言えば、ほかにも生姜なども同じ発汗作用がありますが、これらも漢方薬に使用されているのです。

その万能な万能薬である「葛根湯」ですが、全ての方に効果が表れるわけではありません。

ポイント:「葛根湯」が効く人と効果の少ない人の違い!

葛根湯には、発汗作用でからだの老廃物を取って改善させる生薬が含まれています。
発汗作用が改善させるための武器ですが、そもそも、肝心な発汗作用が働かない方がいるのです。

■葛根湯は”汗っかき”の方には効き目が弱い!

もともと大量の汗を掻く”汗っかき”の方には葛根湯の効き目が弱いのです。

汗っかき”の方はもともと暑がりの方が多いので、葛根湯を飲んでも飲まなくてもいつもと同じ量しか発汗しないわけです。

メッセンジャー

それと、肝心な”肩こり・首こり”の効果ですが、これ!知らない方がほとんどだと思います。
気を付けていただきたいのは、、、

■”肩こり・首こり”に効果的なのは、急性肩こり症だけに対して効果的!!

急性肩こり症は、短時間に発生した筋肉緊張によって起きるもので、急に”肩・首が凝った”、”寝違えた”といった類のものです。

「葛根湯」には、この急性肩こり症の痛みの初期症状にだけ効果的とされています。

慢性肩こり症は、慢性的に筋肉がこり固まっている状態で、老廃物、乳酸といったものが出まくっている状態ですから、「葛根湯」だけの改善効果だけでは治り切らなくなっているのです。

では、”「葛根湯」ってどんな症状のときに飲むのか?”ですが、「葛根湯」はこんな症状の方におすすめです。

  • 風邪の引き始めなど初期の段階での服用に効果的
  • 鼻かぜ、鼻炎の発症時
  • 頭痛、肩こり、筋肉痛の初期段階での服用に効果的


この「葛根湯」は、服用しても眠くならないのが特徴です。
風邪を引いても運転が必要な方や受験生などにはありがたい薬です。

肝心の肩こりですが、重い肩こりは無理ですが、”急に凝ったな~”と思ったときは服用してみて下さい。
漢方の力があなたを楽にしてくれますよ。きっと♪。