化粧品やサプリを変える前に無料&格安モニターでお得にお試し!

「変形性頸椎症」の痛みより医者の言葉が痛かった!~サボり続けたその代償!

こり改善治療法と運動法
この記事は約3分で読めます。
主治医


ke1ro年明け早々、「変形性頸椎症」の痛みに負けて入院してしまったのですが、椎間板を傷つけてしまうとなかなか治らないものですね、この症状は・・・。

今年も・・・いや来年も再来年もこの痛みから解放されないと思うと、この現実から一刻も早く逃げたい思うのですが、卑下してばかりもいられないのが年初めというものです。

懲りもせず毎年言っていることですが、今年はこの”治療サボり癖!”を直すことから始めようと思います。

1日10分のストレッチだけでからだの”じん性”は必ず高まる!

年始めに入院した原因は、サボりによる”頸椎椎間板の損傷”でした。
「変形性頸椎症」の自己治療である”ストレッチ”をサボりにサボって、ろくに運動もしていない首の筋肉に、大掃除で過度の負担を掛けたのが原因です。

頸椎椎間板の損傷

それでも今までこりがキツいときでも、まだからだはテキパキと動いていたんですが、やっぱり歳のせいですかね!

入院してからというもの、”この病気を侮ってはいけない!”と改めて悟った気がします。

いつまでも若くはないわけですから、やっぱり自分のからだは大事にしないといけないということです。

とりあえず退院後に、早速私の主治医のところへ行って入院したことを話してきました。

・・・やっぱり怒られましたね~( ̄◇ ̄;)

年末大掃除で網戸を取り外したときに”グギッ”とやったこと、元旦からパソコンで1日中遊んでいたこと、ストレッチを1ヶ月近くやっていなかったこと・・・などなど説明したあと、医者の顔つきが変わって早速レントゲン撮影です。

結果、私の主治医も”頸椎椎間板の損傷”と診断し、それからの小言の多いこと多いこと。
以降、医者との会話です。

  • (医者):この症状はちょっとマズイですよ!
    こうならないために治療を受けてきたのですよ。分ってますか?
  • (私):あの、、、はい、十分わかっています。
    治るんでしょうか?
  • (医者):椎間板がはみ出し掛けている・・・
    これを直すのは至難の業だ・・・ウソです。治りますよ、多分・・・
    サボらなければ!
  • (私):ギクッ・・・。
  • (医者):これ・・・今も痛いでしょう?首を傾けると特に!
    しばらく首ストレッチは止めるか軽めにして下さい!
    止めるのは簡単でしょ?。それと車は乗らないでくださいね。

イヤミたらたらです。
でも、私・・・この医者と約束しているんですよ。自分でストレッチして治すって。
あ、言い方が違いますね・・・「変形性頸椎症」自体はもう治りません。
痛みを改善するという意味です。

このお医者さんのところに通って数年経ちますが、この医者(と整体師さん)・・・
患部を触っただけでサボっていたことなんてすぐにバレるし、やってないとものすごく怒るんですよ。

まるで、部活で部長に怒られている・・・そう、あのイメージです。(笑)
だからこそからだを預けられるんです。このお医者(と整体師さん)さんに。

とりあえず、その約束を守って(サボらないで)、今年も治療を続けようと思います。

それにしても人間のからだって、鍛えないとすぐにダメになるんですよね。
特に首の筋肉なんかはそうです。

首の筋肉は、頭の重さ(約5kg)を支えていますが、首ってなかなか鍛えにくいところなんですよ。
年齢を重ねると、年々首の筋力が衰えていくのが分ります。
首の筋肉を鍛える方法をこのブログでも紹介していますが、自分で書いていて忘れていました。


今一度、初心に返ってストレッチを始めることにします。
ストレッチするだけで”こり”を10分で楽にすることができるってことを忘れていました。

続けていれば、からだの”じん性”は必ず高まることをこのからだが知っています。
とにかく、サボリ癖を直すことにします。はい!