からだを芯から温めて”こり”を改善する方法~最強食べ物はやっぱり”しょうが”が一番!

しょうが焼き


ke1ro冬も大寒の時期を迎え、毎日毎日寒い日が続きますね。
大寒は、1月26日あたりから2月4日あたりまでの最も寒い時期を言うのですが、今まさに真っ最中、ど真ん中って感じの時期です。

この季節、この時期は私にはやっかいなもので、朝、通勤する時には目一杯着込んで出掛けるのですが、やはり首筋を襲う風には勝てず、つい首や肩を縮こませてしまうんですよね。

実はこれ、「変形性頸椎症」の私には首に掛かるダメージが大きいのですよ。
この時期、出掛けるときにはからだの中から温まるものを食べて(飲んで)出掛けるのが一番です。

冬の時期の”こり”改善はグッズとサプリでスーっと楽にする!

この時期、”こり”改善・解消方法は何?って考えると、
一番最初に思いつくのは、やっぱりグッズを使ったり、マッサージを受けたりといったことが最初に思い浮かびます。

”こり”の原因をもう一度考えて見ましょう。
冬場の”こり”の多くは、寒さで筋肉を硬直させてしまうがために”血行不良”によって血流が悪くなるのが原因です。なのでこの時期は冷え対策が重要になってきます。

生姜

寒さに体温が奪われて、必然的にからだが縮こまるというという負の連鎖がこりが起こるんです。

でも対策は簡単!
体温が保てる方法をやればいいだけです。

グッズであれば、最初に思いつくのがカイロ。
からだの中から温める食べ物だったら生姜です。

他にもほうじ茶などがありますが、からだを芯から温める”しょうが”の効果に比べると足元にも及びません。

”しょうが”は古来からあるもので、含まれるショウガオールの働きで血行を良くし、身体の新陳代謝を活発にして体内保温効果を良くする効果があります。

出掛ける前に、紅茶などにすりおろした生姜(できれば乾燥物)を小さじ1杯程度入れて、甘味料は黒砂糖などで味付けすれば本当においしくなるし、これだけでぽかぽか効果が持続します。

そして、お昼にはこれ!しょうが焼きです。

しょうが成分のほかに、玉ねぎに多く含まれる”アリシン”など、疲労回復や血中コレステロールを下げる効果があります。

しょうが焼きは、そんなにカロリーが高いわけではないんですよ。

カロリー計算すると500~700kcal程度なので、”ぽっちゃり”を心配している方でも気軽に美味しく食べられます。

ちなみに、女性の1日の必要カロリーは1,800kcal程度なので、食べても大丈夫ですよ。
しょうが焼きは重たいイメージがありますが、意外とヘルシーで冷え性でお悩みの方にはもってこいの食べ物です。

この時期の”こり改善・解消”・・・よかったらしょうがを試して見てください。

あと、しょうがを摩り下ろすのが面倒な方はサプリメントもあります。
手軽にしょうが効果を持続できます。

ぽかぽかサプリ「あした美」

しょうがの冷え改善効果については、この記事に詳しく書いています。
関連記事:

参考になさってください。敬一郎でした。

無料&格安モニターでお得にお試し!

気に入って使っている化粧品やサプリが、あるときから”何となく自分に合っていない・・・”と感じることがありませんか?
化粧品は年齢に合わせて自分に合ったものに替えて自分を輝かせるものですし、サプリメントも変化する自分のからだに合わせて、より自分に合ったものに替えていくものです♡

ただ一度も試していないのにいきなり数千円という値段を支払うには、勇気と抵抗と疑いがありますよね♡

無料モニターやトライアルから始めると大きな出費もないですし、失敗もしないで済みます♡