そのひどい乾燥肌の原因は肩こりのせい?~かきむしり肌をやさしく保湿する2つのケア用品!

乾燥肌

chihaya毎年この時期から春先まで悩まされるのが「乾燥肌」!

人によって「乾燥肌」は毎年計ったように繰り返されますが、年齢を重ねていくうちに脂分がだんだんと減っているのか、症状が重い方はすでに顔から腕、脚(とお尻)まで粉ふき肌になる方もいます。

私も子供の頃からの「肌粉吹き症」で、この時期、腕をまくれば肌が真っ白けになっているし、お風呂に入ると肌がピリピリ痒くなるしで、いくら歳を重ねてもこの症状はだけはまったく治る気配がありません。

ちなみに嫁の千早も私とおなじ乾燥肌です。

子供の頃からの持病みたいなものですから諦めてはいますが、最近、会社の部下(OLさん)と乾燥肌について話すことがあって、女性目線からしか分からないおもしろい話が聞けました。

笑えそうで笑えない話です。

ほとんど知らない肩こりや首こりと乾燥肌の意外な関係!

乾燥肌になる要因は多岐に渡ります

私みたいに生まれつきの体質のせいで「肌粉吹き症」になる方もいれば、自分の肌に合わないスキンケアをして肌が荒れたり、ダイエットや偏食・深酒などの食事・食生活の乱れ(ビタミン不足)でなる人もいます。

喫煙もそのひとつですが、極端な話、”肩こり”が原因で顔だけが乾燥肌になるケースもあるのです。

顔に流れる血流やリンパ液は、肩から首を通って顔まで運ばれて循環されますが、肩や首の部分の筋肉が凝り固まった状態になると、顔の皮膚や筋肉に十分な水分や栄養素が行き渡らなくなって、顔にうるおいが不足し始めます。

これが”顔だけ乾燥肌”を引き起こす原因になっています。

睡眠

睡眠不足も乾燥肌・肌荒れの原因のひとつ!

”肩こりには睡眠を!”と言いますが、睡眠が良く取れていて肩こり症状がない方には、あまり肌荒れの症状が出ていないのです。

乾燥肌にならない人の肌は、栄養も睡眠もしっかり取れているので、皮膚のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が正常に行われているので乾燥肌とは無縁ってわけです。

その表れとして、そういった人の肌は、細胞間脂質(セラミド等)が十分行き渡っていて、保湿が十分に取れているピチピチ肌になっています。

”肌荒れの原因は室温やエアコンによる乾燥も多少はあるでしょ?”と思いますが、乾燥肌にならない人の肌は、ビタミンなどの栄養素が取れている分、そういったものにあまり左右されず、常に保湿された常態を保っているのです。

こういった方のお肌は年齢にあまり左右されないんですね。
一度そういった方の肌になってみたいものです。

会社のOLさんから聞いた女性目線から見た乾燥肌の原因!

よくOLさんが”残業続きで顔がガサガサ!”という話を聞きますよね。

若いうちはまだ良いでしょうが、誤魔化しがきかなくなる年齢に差し掛かると、不規則な生活から角質層の下の顆粒層が健康に育たず、ターンオーバーそのものに影響を与えて、肌荒れ・乾燥肌が発生するようになります。

肌荒れ

実はこの話は部下のOLさんから聞きました。

OLさんと仕事で顔を付き合わせて話をしていたとき、顔のファンデーション(っていうのかな?)を突き破って肌の角質がボツボツと出ていて、”肌荒れかな?”と思ったのがキッカケで、失礼ながらその症状を聞いてしまいました。

OLさん曰く、
よく”お肌の曲がり角!”と言うけど、年齢を重ねるにつれ肌が荒れるのは、こういった不規則な生活の積み重ねが原因で、ある程度の年齢になると化粧だけでは誤魔化し切れないところまできてしまうんですよね。

荒れは簡単に治らないので、結局厚化粧で誤魔化すしかないんですよ・・・(OL談)

業務集中によるデスクワークでの”肩こり”も原因で、疲れ顔にはなるしハリもなくなるので、化粧水を塗って保湿はしているものの長くは持たず、結局、乾燥肌を化粧で誤魔化しているのだそうです。

男目線から見ると、そんな荒れた肌に厚化粧しても、逆に肌の組織を傷めることになって何の解決にもなっていないのでは?

そんな話で切り返したところ、”肌のコントロールができないのでこれしかやりようがない・・・あったら教えて!”とのことです。
(ちょっとかわいそうな質問になってしまいました)

肩こり、首こりが原因で乾燥肌になる!
”こり”はからだのいろんなところまで悪さをするものなのです。

かきむしるほど痒い粉ふき肌に試したい2つのケア用品!

OLさんの話はさておき、私の場合、夏場はそんなでもないのですが、10月の終わり頃から肌がかさつき始めて痒みを感じるようになります。

特にキツイのが、粉ふき肌丸出しの肌でお風呂にはいったときの、あの肌に刺すような痛みと痒み!(痒みは乾燥肌のせいで痛みは引っ掻き傷)

肌荒れ

冬場はいつも↑こんな感じで、痒さから掻きむしった痕が体中にあります。
掻きむしると肌がさらに粉を吹きまくりますが、無意識に掻いているんですよ。
(痒いのに無意識って変か・・・)

お風呂に入ると痒くて、思わず湯船の中でからだを掻きむしってしまい、湯船が角質(垢です)だらけになってしまうので、お風呂はいつも家族が入った後です。(笑)

乾燥肌の方がお風呂に入るとからだが痒くなるのはなぜか!

痒みの原因は乾燥肌だけが原因ではなく、乾燥した皮膚の表面に付いた”細菌(黄色ブドウ球菌等)”も悪さをして。痒みを増殖させているのです。

”細菌(黄色ブドウ球菌等)”はどんな方でも皮膚に付いていますが、乾燥肌の方はほとんどが敏感肌ですから、その症状(痒み)がさらに顕著に表れるのです。

その雑菌を取るために石鹸でからだを洗うのですが、悪いことに普通の石鹸は殺菌力も洗浄力も強くて、からだの脂分まで洗い流してしまいます。

そのあとにはシミるような刺激さえ感じるようになります。(乾燥肌の方は特に感じます)

私の場合、タダでも乾燥肌で脂分が少ないのに石鹸が脂分まで洗い流すので、風呂上りにはもうスルメ状態になっています。(笑)

私が風呂上りに使っている肌ケア用品は、花王の「Curel(キュレル)」ですが、脂分が取れてしまったからだには、いくらベタ塗りしてもその保湿効果が追いつかないですね。

原因は石鹸にあるのですが、石鹸はどうしても脂分を根こそぎ落としてしまうので、殺菌作用と保湿効果を保つ成分で作られた石鹸を使えば、痒みや乾燥肌も軽減されるはずなのです。

そこでネットで調べたところ、【しみずの無添加ボディソープ】というものを見つけました。(ドラッグストアでは売っていませんでした)

敏感肌・乾燥肌に潤いと殺菌力【しみずの無添加ボディソープ】

普通の石鹸は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが主成分ですが、この【しみずの無添加ボディソープ】は、天然セラミドやジャーマンカモミールオイルと、肌を健康に保つビオチンなどから作られた肌ケアに働きかける低刺激ソープです。

肌ケア




かきむしり肌には【しみずの無添加ボディソープ】

気になるクチコミの一部を下に載せます。

肌ケア3

その他多くのクチコミの詳細は、無添加ボディソープを参照してください。

その保湿効果ですが、情報源であるクチコミを読む限り、乾燥肌対策としては良さそうですが、ただ、女性の意見ばかりなので男性の使用感からのクチコミが知りたいところです。

男性の肌は女性に比べ油分、水分が少ないのが特徴ですから、このクチコミとは違う使用感があるはずですからね。

男性肌ケアには珍しいオールインワンジェル【ZIGEN】

肝心の顔の乾燥対策ですが、顔は毎日洗うものなので、私は昔から男性には定番のZIGENという男性肌ケア商品には珍しいオールインワンジェルを使っています。

主成分が「セラミド」、「水溶性コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「プラセンタエキス」といった女性化粧品と同じ成分を男性肌に合うように配合された肌ケア商品です。




ZIGEN オールインワンフェイスジェル

この製品を知らない男性はいないと思いますが、これ一本で肌を整えたり保湿をキープできるといったもので、顔脂性の男性の方にもよく愛用されています。

もともと私は乾燥肌なので、こういった保湿成分を保つ製品を愛用していますが、このオールインワンは手入れも簡単にできて便利です。

これを使うと女性がみんなオールインワン化粧品に流れるのが分かるような気がしますね。ホント、お手軽に使えますよこれ。

肌荒れが気になる方は、この2つの肌ケア商品を参考になさって下さい。

無料&格安モニターでお得にお試し!

気に入って使っている化粧品やサプリが、あるときから”何となく自分に合っていない・・・”と感じることがありませんか?
化粧品は年齢に合わせて自分に合ったものに替えて自分を輝かせるものですし、サプリメントも変化する自分のからだに合わせて、より自分に合ったものに替えていくものです♡

ただ一度も試していないのにいきなり数千円という値段を支払うには、勇気と抵抗と疑いがありますよね♡

無料モニターやトライアルから始めると大きな出費もないですし、失敗もしないで済みます♡