お腹ダイエットを始める女子の心理と本音!~痩せたい女子がやる2つのダイエット方法!!

お腹ダイエット


chihaya先週から「漢方」に関する本を読んでいて、その歴史の深さや未病を治す効果に感動して、”やっぱり漢方は女性に向いているかも!”って自分なりに納得してしまいました。

漢方薬と聞くと”未病や体調不良を癒す”といったイメージがありますが、その効果はそれだけではなく、身近なものとしては病気以外の「ダイエット」にも効果があるんですよ。

痩せたい太め女子が「ダイエット」を始める心理と本音!

多くの女子が必至に「ダイエット」に取り組んでいる心理って分かりますか?
太ると脂肪が増えてからだや臓器に負担が掛かって早死にするからでしょうか?・・・

いやいや、そう思ってやっている女子はほとんどいませんよ~。
特に若い女子はそういったことは一切考えていないはずです。

脂肪によるぽっちゃり弊害も頭のどこかにありますが、ダイエット女子が一番気に掛けているのは、異性や同性が自分を見る目線!つまり”見た目感”、”まわりの評価”ですよね。

まわりの評価

女子はいい意味で、ぽっちゃり体型を痩せて綺麗に見せることで、”異性、同性にモテる”、”好感を持たれる”というメリットがあることを知っています。(無意識にでもそう思っていますよね?)

だから冬の間に肥えてしまったからだを、薄着になる夏までにできるだけ痩せよう、見た目を良くしようと頑張るんです。

なぜ痩せたいか?ここにちょっとおもしろい心理データがあります。

「痩せたい女子が「ダイエット」を始める心理と本音!」というものですが、ダイエット女子がどういった理由でダイエットをしているか?頑張っているか?をまとめたものです。

<<♥痩せたい女子が「ダイエット」を始める心理と本音!>>

  • 文句なしのスタイル綺麗が欲しい!
    例えば女優の菜々緒さん・・・綺麗ですよね!(今日現在28歳)
    スタイル抜群で余分な脂肪はまったくなし!ホント、パーフェクトスタイルですよね。
    肌年齢も実年齢とは違い綺麗だし、見た目もまだまだ20代前半で通じる!
    こんなスタイルへの憧れや自分もそうなりたいという心理です。
  • 痩せることで男性にモテたい!
    男性が自分を評価する”綺麗さ”の指標は顔とスタイル
    顔はお化粧で何とかなるけど、体型はどんなに頑張っても隠しきれない。
    痩せれば異性にもっと大事にされる!だから痩せるんだ!という心理です。
  • 自分の体型を笑った人を見返してやりたい!
    異性や同性に自分の体型のことでコソコソ陰口を叩かれると”あんた何様?”って感じ!
    自分に自信がないところを衝かれるとかなりメゲますしヘコみます。
    こっちの世界(デブ)ではなく、そのうちあっち(痩せ)の世界へ行って見返してやりたいという心理です!(これ!主婦層の中でもいっぱいありますよ)
  • 健康になりたい!
    ”肥満は万病のもと!”と言われるとおり、肥満による健康リスクを知っている方の考え方!
    肥満は体重が増えることを意味し、それが歳を重ねるにつれて骨や関節に負担を掛け、そのうち”ひざが痛い、コシが痛い!”に変わることを知っていて、早めに処方するために痩せようとする心理。それと血管年齢の維持も考えている。(すばらしい!)


上の心理テストで何点か思い当たりませんでしたか?私は全部思い当たりました。(笑)
もう主婦なので、”文句なしのスタイル綺麗が欲しい!”とまでは思いませんが、どんな異性、同性にでも綺麗に見られたい心理は今だにあります。

自分の体型

ただ、3つ目の”自分の体型を笑った人を見返してやりたい!”・・・この心理はかわいそう。
これはやはりいただけないお話ですよね!

主婦層のなかでも陰口を叩く人はたくさんいます。
(悪いと思ってないから始末が悪いんです)
”思っても言わなきゃいいでしょーよ!”って感じですが、やっぱり傷つきますよ。

総評すると、上から3つ目までは前述した”見た目感”、”評価”がからんでますよね。
太っていることは決して悪いことではありませんが、残念ながら初対面の方は、第一印象を自分の顔とスタイルから決めてしまいます。

悲しいかな、誰にでも同じような評価をされてしまうのが肥満というものでしょう。
だから女子は「ダイエット」からは逃げられないんですね。

夏までに”絶対に痩せてやる!”って言うけどやり方は正しいの?

”痩せたい!”と言っても、”じゃどうやって!”ってことになりますが、この「ダイエット」を成功させるには一筋縄では行きませんよね。

今までダイエット女子が頑張って取り組もうとしたダイエットメニューは↓こんなものではないでしょうか?

  • とにかく運動⇒消費カロリーを増やす
  • 規則正しい食生活をする⇒決まった時間に食事をする
  • 食事制限⇒食事の回数を減らす!夜は食べない
  • 暴飲暴食、間食をやめる⇒高カロリーを控える
  • 医薬品・サプリメントを飲んで脂肪を燃焼す⇒続けないと効果が出ない


このメニューは理に叶った話で、誰が考えても”そのとおり”と思いがちですが、実は、”とにかく運動⇒消費カロリーを増やす”は、運動量にしてそれほど効果がないんですよ。

”とにかく運動⇒消費カロリーを増やす”のウソとホント!

これは半分正しいけど半分はどうかな?って感じですが、決して間違いではありません。
肥満の原因は、病気的なものを除いてほとんど食生活にあります。

食べることで得られる”摂取カロリー”は、からだを動かすエネルギー源です。
が、しかし摂取カロリーは、基礎代謝である程度は燃やされますが、からだを動かすのに必要な消費カロリーが少なければ(運動不足ってこと)、当然、残った摂取カロリーは体内に脂肪として蓄積されます。

運動

そこで、この脂肪を燃やすために消費カロリーを上げる運動をするわけですが、残念ながらこれはちょっとやそっとの運動量では上がらないんです。

事実、脂肪を燃やすためには有酸素運動が定番ですが、例え毎日十数キロ走ったとしても、体脂肪は数十グラム程度しか減らないんですよ。

ちょっと驚いたと思いますが、ダイエットには運動が効果的!という定番メニューでも、中途半端な運動量では期待したほどの効果は出ないのです。

正しいやり方をしないとまったく効果を発揮しないのがダイエットというもの!
最低でも今の体型を維持するためには、食べて得られる摂取カロリーを消費カロリー以下にする方法と、本格的に運動して脂肪を燃やして痩せる方法。
それ以外に効果的な方法がないのです。

焦らない!挫折しない!絶対に痩せるための目標ステップ

前述したとおり、「ダイエット」ってむずかしいです。
私のまわりでも多くの女子が「ダイエット」に取り組んでいましたが、”女捨てた!”とか言って次々に止めています。(笑)

その主な原因は”挫折”によるものと”リバウンド”によるものです。

たとえ一時「ダイエット」に成功したとしても、後で「リバウンド」の魔の手が押し寄せて、気が付けば元の体型になっていた!なんて話はゴマンとあります。

でも、言い換えれば努力して「リバウンド」するまで痩せられたってことですよね。
これはすごいこと!”挫折”よりはよっぽどマシです。

キューティクル

”挫折”したその先には何もないからです

「ダイエット」って、始めてもすぐに効果が出ないのは当たり前なのに、すぐに効果を求めてしまったり、効果が出ないとサボリがちになったりと、とにかく意志の弱さ、メンタル面で負けることも多いんです。

偉そうに書いていますが、”じゃ、あなた(千早)はどうなのよ?”ってことですが、正直言っちゃいますけど、私も昔OLさんをやっていた頃は、ぽっちゃり系女子でしたよ。

でも、結婚が決まって式でドレスを着るために、思い切ってダイエットをしたことがあります。(このとき、標準より7kgほど重かったんですよ)

でも、このときにやったダイエットは、そんなに苦痛にならなかったですよ。
私はまず、”無理をしない必ずできる目標を立てる”ことから始めたからです。

私は動じない焦らない!目標を決めたら順次痩せていった!

私は”体重を落とすぞー!”って躍起にはならず、まず1ヶ月で1kg痩せよう、それができたら次も1kg痩せよう、ゆっくりでいいんだ!・・・そんな単純なことから始めています。

過度のダイエットはからだを壊すもとってことをまわりを見て知っていたからです。

それに”ダイエット、ダイエット”って身構えて動いたら義務的なものになってしまうし、食べたいものが食べれないだけで、ストレスがものすごく掛かるじゃないですか。

体重測定

事実、ストレス太りというものもありますから、私の場合、まずゆっくりでいいから痩せる目標を立てて、減らなかったら次の月に結果を出すという考え方、やり方です。

先送りの考え方で説得力がありませんが、でもその方が気持ち的に楽だし、自分を追い込まない分、挫けず長続きできるので私には合っていたと思います。

このやり方で最終的に約5kgの減量をしていますが、5kg痩せるとうれしいことに服が1号下がりますよ。(笑)

やったことは、晩に軽い運動した後に長湯したことくらい!(これは毎日続けました)
ただ、昔から食が細い方だった(ケーキ類は別)ので、”暴飲暴食”はほとんどしませんでした。(お酒も今だ飲めないし)

”暇なときにはからだを動かす!”、そう軽く意識しながらのダイエットでしたが、マイペースでやった分、約5kgの減量に半年以上掛かりました。

これが長いか短いか、良いか悪いかですが、私の場合、時間が掛かった分、月々の減量幅が少ないので「リバウンド」というものはありませんでしたよ。(からだが慣れる?)

目標を立てて、ダメだったら次の月に頑張る!そうやってストレスを溜めないダイエット方法もあるんです。

痩せてからは、ほぼ均衡を保っていたんですが、結婚して子供を産んでからは、案の定、体重が増えちゃいました。でも同じことをやって一応元に戻りましたよ。

運動に頼らないダイエット法~漢方薬効果で脂肪を燃やす方法!

ダイエットで成功する早道は、脂肪燃焼させることと筋肉量を増やして体脂肪率を下げることです。(それが課題!)
でも前述した「”とにかく運動⇒消費カロリーを増やす”のウソとホント!」のとおり、運動はそんなに効果のあるものではありません。(辛いだけです)

辛い運動は続けるにせよ、それと合わせてどうやって”脂肪燃焼”を効率的に促進させるかで、成功、失敗の分かれ道になります。

分かれ道

からだを動かすダイエット方法は、まずほとんどの人が長続きしません。

私のまわりでも、”今日からダイエットする!”って言ってましたが、数日後には私とディナーに行ってバクバク食べてましたから。(笑)

”けっこうなストレスなんだよね!”・・・
彼女のディナーでの開口一番の言葉です。
(話している目が死んでるし)

食事制限はやっぱり辛いですよ!
ストレスが溜まって、ヘタすると逆効果の結果を生んでしまいますから。

でもね!これを先送りにしちゃうと、基礎代謝の問題で元の体型に戻すのにさらに努力が必要になっちゃうんですよ。

基礎代謝

人のからだは、カロリー消費する基礎代謝量が加齢とともに年々減少していくので、動かないとさらに太りやすくなります。

悪循環ですが、”ダイエットは軽いうち、若いうちにやっておけ!”と言われる由縁はここにあるんですね。

基礎代謝を上げるには、運動以外に良い方法はないのですが、普通の方はあくまで摂取カロリー=消費カロリーのバランスを取るためだけにしかなっていないはずです。太らないため、体型を維持するためだけしかありません。

あっ!これはあくまで普通の方に限ってのことですよ!
スポーツ選手は、有酸素運動と無酸素運動をうまく取り入れて、脂肪を燃焼させて体脂肪率を下げていますから、これとは別次元の話です。

ただ、そういってモンモンとこまねいていても仕方ありません。(どうしたもんかー)
でもね!運動をしたくない人がよくやるダイエット方法があるんですよ。

課題は脂肪分を減らすことにあるので、その脂肪燃焼を医薬品の力を借りて補えば、ある程度減らすことができるし、今の体型も維持できるんです。

そのやり方は、冒頭で述べた「漢方薬」を服用して脂肪を燃焼させるってやり方です。

漢方医学では、代謝や脂肪の燃焼促進には、決まって「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方薬が使われています。

聞きなれない言葉ですが、「防風通聖散」は、どの製薬メーカーも18種類の生薬からできていて、熱や炎症をさます効果、便通をよくする効果、脂肪を燃焼し無駄な水分を取り去る効果、血流をよくする効果などに効く生薬がほどよく配合されています。

生薬


ただ、「防風通聖散」と語れるのは「医薬品」のみです。
脂肪を燃焼させるサプリメント(酵素ドリンク等)も多く出回っていますが、サプリメントは「医薬品」と違い、あくまで「健康補助食品」であって、その効果が厚労省に認められたものではありません。

ことダイエットに関しては必ず長丁場になります。
時間も掛かることだし失敗もしたくないので、ここは”確実性”を取ったほうが賢明です。

酵素ドリンクなどのサプリメントもありますが、より確実性の高い「医薬品」の漢方薬の方が効果が出やすいと思います。
サプリを試して半年後に効果がなかったら悲惨だし、それこそ時間とお金の無駄です。

ただ、医薬品の「防風通聖散」を選ぶにしても、注意することがあります。
各製薬メーカーそれぞれで成分配合量が違うってことです。

漢方薬の処方では、1日分の生薬の配合バランスが決められています。
注目するのは、成分が含まれている配合量です。
配合量には、「満量処方」(1日分丸々使っている漢方薬のこと)が望ましいのですが、製薬メーカーの製品には「1/2処方」(半分の量を使っている漢方薬)を採用している「防風通聖散」もあります。

その分、価格も安く設定されていますが、やるなら配合効果100%で試したいし、とにかく現れる効果を時短したいですよね。
↓に「満量処方」で作られた第2類医薬品「防風通聖散」をご紹介しておきますね。




本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」

 

この”生漢煎「防風通聖散」”は「医薬品」なので、しっかりと効能・効果が謳われています。(厚労省のお墨付きってことです)
また、性別問わず効果は同じです。

<腹部に皮下脂肪が多く便秘がちな諸症における効能・効果>

●高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘
●蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症、その他
(1日朝昼夕、食前又は食間にそのまま水かお湯にて服用すると効果的)


もし、運動が苦手、あるいは運動する時間がない方には、他力本願になってしまいますが、「防風通聖散」を試してみるのも良いかも知れません。

ただ、「防風通聖散」を飲んでも、”すぐには効果は現れない!”と思って下さい。
ダイエットは長丁場を強いられる行為なので、長く続けることが大事です。
私だって5kg痩せるために半年以上掛かりましたからね。

これを続けていけば、体重増加はこの「防風通聖散」の効果で、ある程度は抑えられるはずですから、軽い運動+「防風通聖散」を続けていけば、そんなに遠くない時期に1号下の服が着れるようになるかも知れません。

痩せたい女子がやる2つのダイエット方法は、お手軽運動と「防風通聖散」を併用することが効果的です。(やはり漢方はすごいです)




本気で脂肪を落とすなら!生漢煎「防風通聖散」

 

参考になさってください。千早でした。