化粧品やサプリを変える前に無料&格安モニターでお得にお試し!

マッサージチェアはもういらない!コスパの優れたOmronクッションマッサージャーが気持ち良い

クッションマッサージャー低周波,ツボ押し,もみ系グッズ
この記事は約5分で読めます。

ke1roここのところ毎日寒い日が続いて、変形性頚椎症と顔面神経麻痺(ベル麻痺)のダブルパンチで、顔の表情筋から首、肩、そして背中までバリバリに凝っていてつらい毎日を送っています。

毎年のことですから、もうからだが慣れていますけどね。(笑)

ひとつだけ助かっているのが、今のところ腰痛だけは大丈夫!ってところでしょうか、それでもこの寒い季節は”これでもか!”っていうくらいにからだをイジメてくれます。

こういった寒い時期は、あったかいお風呂に入ったあと、ビール片手にマッサージチェアに座って”こり”をほぐすのが日課になっていますが、な、なんと!3年ほど使っていたマッサージチェアがとうとうウンともスンとも言わなくなりました。

”これはマズイ!”ってことで、とりあえず会社帰りに近くの家電量販店に寄って、クッションマッサージャーを買ってきました。

このクッションマッサージャーはかなりすごい!”大当たり!でした。

高いものはいらない!マッサージチェアも3年使えば壊れるもの

以前使っていたマッサージチェアって、首と背中、足が同時に揉めて、しかも持ち運びができるこんな感じのコンパクトなマッサージチェアでした。

モミマー

3年ほど前に椅子付で50,000円くらいで買ったものですが、この製品もその前に使っていたクッションマッサージャーが壊れたのを機に買ったものだったので、ちょっとガッカリしています。(5万円ってやっぱ高いですよね!)

このマッサージチェアはものすごくコスパが良かったんですが、どうしたことかコントローラの部分かコンセント部分なのか、電源系(だと思う)が壊れてしまいました。

やっぱり電気式マッサージ系の家電製品って、からだの重みを支えて揉むものですから、あまり長持ちはせず壊れやすいんですよね。持っても大体3年くらいしか持ちません。

敬一郎
敬一郎

以前使っていたクッションマッサージャーも約3年で壊れましたからね。

とは言えこの電気系マッサージグッズは、私の変形性頚椎症の”こりの痛み改善!”にはなくてはならないものだし、家族も使うので、あれこれと選んで悩んでいる暇はありません!

どうせ3年サイクルで壊れるんなら、そんなに高いものを買う必要もない!ってことで、今回は前の前に使っていた低価格のクッションマッサージャーを再度買うことにしました。

コスパの良い低価格のOmronクッションマッサージャー!

前回購入したクッションマッサージャーは、物自体が無名の粗悪品?だったせいか、使っている最中に動かなくなることもあったし、スイッチを入れていないのに気まぐれで動いたりすることもありました。(我が家ではこれを”ホラークッション”と呼んでいました)

そういったこともあって、今回はしっかりとしたメーカー!それも医療器メーカーの方が良い!ってことでOmron(オムロン)のクッションマッサージャーにしました。

今回購入したのはこのクッションマッサージャーです。
(Omronクッションマッサージャー HM-341)

Omronクッションマッサージャー HM-341

色は3色ありましたが、嫁の千早の”ピンクかベージュが良い!”って言う言葉を無視して、ブラウンを買ってきました。(笑)

だってやはり汚れるじゃないですか!それにブラウンだとリビングのソファーにも合うし、インテリアにもマッチしている。何につけ目立たないから良いんですよ。

んで、買った実物はこれ↓です。(購入価格は4,500円くらいでした)

Omronクッションマッサージャー  Omronクッションマッサージャー

写真の撮り方が相変わらずへたくそで違うものに見えますが、これ!どっちも同じものです。(光の加減?縞模様はありません)

左の画像↑はクッションマッサージャーを覆っているカバーが付いている状態で、モミ玉の回転の刺激が”ちょっと強いよ~!”ってときに、このカバーを付けて使うバージョンです。

右の画像は”もっと強い刺激が欲しい!”ってときに、モミ球カバーを外して(捲って)使う場合です。

使った感じは、モミ玉カバーを付けていても揉みの回転・強さに不足はないですね。背中だったらクッションに押し付ける力でいくらでも調整できます。

ただ、首のマッサージにはこのカバーはあった方が良いです。

それと特筆すべきことがひとつ!ちょっと下の左の画像を見てください

このクッションマッサージャーにはヒーターが付いていて、赤くなっているのがモミ球ヒーター!これが強烈に暖かくて気持ち良いんですよ。

Omronクッションマッサージャー  Omronクッションマッサージャー

このクッションマッサージャーの中身がどうなっているかと言うと、カバーの中身が右の画像↑です。

クッションカバーの中には、モミ球を収めているカバーがもうひとつ付いていて2重構造になっています。(正確に言うと3重構造)

このあたりはさすが医療メーカーのオムロン!
粗悪なクッションマッサージャーだと、表側のクッションカバーを取ると中にウレタンがギッシリ詰まっていて、長く使うとこのウレタンがボロボロになります。

このOmronクッションマッサージャー HM-341は、衛生面と作りに拘りがあるんでしょう。ウレタンは内側のカバーに守られていて、劣化を防ぐ仕組みになっています。

このカバーは取り外して洗濯できるし、内側のカバーも外せるので、衛生面ではかなり良いと思います。

これって幅が39cmとコンパクトなので、どこの部位でも使えますよ。電源コードも長いですしね。

しかも心地よいヒーターが付いているから真冬には最適です。

Omronクッションマッサージャー

あっ!このクッションマッサージャーは、夏場はこのヒーターをOFFにできますよ。
スイッチボタンを1回押すとモミ球が回るだけで、2回押すとモミ球回転+ヒーターって感じで使えます。

タイマーも付いていて15分で自動OFFになります。

敬一郎
敬一郎

ヒーターを付けているとあまりにも気持ち良くて、何度も寝落ちしています。(笑)

コスパの優れたオムロンクッションマッサージャー!参考になさってください。
敬一郎でした。