オフィスでできる「めぐりズム」と「えんきん」を使った簡単肩こり改善法!

眼精疲労


ke1ro最近の残業続きのせいか、はたまた仕事のやり過ぎなのか、首・肩・背中の”こり”はもちろん、目のピントまで合わなくなってきたようなので、TVでも宣伝しているファンケルの「えんきん」を飲むようにしました。

この症状は毎年繰り返されていることなので、もう何が悪いかは分かっています。

原因は「眼精疲労」・・・忙しいし、目を酷使しているから当然だよね~!
目の疲れからくる”肩こり・首こり”はダブルパンチでくるので、これが原因ってことはすぐに分かります。

この時期の眼精疲労って、末梢神経にダメージを与えるので、私と同じような症状を持つ方は早めに処方した方が良いですよ。(悪化させる前にね)

今回のお題は、私がこの時期に必ずやっている「眼精疲労」による目の疲れ取りと、”こり”を楽にするやり方についてご紹介します。

温冷交代浴「めぐりズム」とピント調節「えんきん」のコラボで肩こり改善!

この時期、私の肩こりと眼精疲労を和らげてくれるアイテムが、花王の「めぐりズム」と手元のピント調節機能を助ける働きと、疲れ目による肩・首筋へのこりの負担を和らげてくれるファンケル(FANCL)の「えんきん」です。

えんきん

今の時期は会社で1日中PCを見ているし、会社の行き帰りにはスマホを見ていて目が休まる暇がないので、会社で昼飯を食べた後にこの「めぐりズム」で一気に目の疲れを取る作戦に出ています。

それに加えて、眼精疲労で目のピントが合わなくなった機能を回復させるべく、「えんきん」を服用してダブルで眼精疲労+こり改善を狙うってわけです。

「めぐりズム」と冷たい缶コーヒーを使った目の温冷交代浴!

 

この「めぐりズム」は40℃の蒸気が出て、目の血行を良くして疲れを取る!ってフレーズですが、実際は蒸しタオルみたいに蒸気なんて出ませんよ。

でも気持ち良いんですよこれが!

袋を開けるとすぐに暖かくなるので、すぐにパッと目に当てていますが、この暖かさが10分くらい持続するので、あまりの気持ち良さに何度も寝落ちしています。(笑)

この「めぐりズム」は2つの使い方があります。というか、私がやっているだけですが、この「めぐりズム」を使って目の温冷交代浴をするんですよ。

やり方は簡単!
用意するものはこの「めぐりズム」と冷たい缶コーヒー・・・この2つだけ。

「めぐりズム」を目に当てて3分もすると目のまわりがかなり暖かくなるので、そこですかさず冷たい缶コーヒーを目に当てて、一気に眼球を冷やすんですよ。

”暖かい!”~”冷たい!”の繰り返しで目の温冷交代浴が増すので、さらに血行が良くなって肩こりも幾分緩和されるようになります。

これをこっている肩とかでやっても同じ効果が現れますから、興味のある方は一度試してください。

「めぐりズム」の代わりに、蒸しタオルを使っても良いと思いますが、蒸しタオルはやっぱり暖かさが長持ちしないので、やっぱり「めぐりズム」が一番長持ちします。

目のピント調節機能を助けるファンケル「えんきん」

もうひとつの眼精疲労改善アイテムがファンケルさんの「えんきん」!

このファンケルさんの「えんきん」は、手元のものがぼやけて見えて、ピントが合いにくくなったときのピント調節機能を助けてくれて、しかも肩や首筋のこりの負担まで緩和してくれるルテイン含有の機能性表示食品です。

眼精疲労





目の機能性表示食品「えんきん」

 

私ももうアラフォーですので、自分でも目のピント機能が低下していることが分かります。

それもそのはず!私は現在「白内障」を患っているので、まわりの景色が白く濁って見えていますし、これにピント調節機能の低下が加わって、もう”眼精疲労まっしぐら!”って感じで、成るべくしてなってピント調節機能がイカれているのでしょう。

そのせいか、この忙しい時期は特にピントが合いにくくなっていて、”これじゃまずい!”ってことで、少しでも目の負担と”こり”を軽減すべく、このファンケル「えんきん」を服用しているわけです。

眼精疲労





目の機能性表示食品「えんきん」

 

この「えんきん」は1袋1,000円くらいで売っているもので、ドラッグストアならどこでも手に入るものですが、公式サイトから購入すると2袋で1,000円(送料無料)で買えます。

だったら毎回公式HPで買えよ!って話ですが、この2袋1,000円という価格は”お1人様1個1回限り!”の場合の価格で、私はもうすでにこの公式HPで1回購入しているから使えないんですよね。

それに直接お店からの購入の方が手っ取り早いし、すぐに飲める!ってことで、あえて(仕方なく)ドラッグストアで買っているってわけです。

私が毎回ドラッグストアで買っているものが15日分(30粒)です。

あれ?おかしいですよね・・・
私も最近気づいたのですが、ドラッグストアで売っているものは30粒(15日分)で、公式サイトで2袋で1,000円で売っているものは28日分で1袋28粒なんですよ。

下の画像のドラッグストア購入品の裏面の内容量でも30粒って書いてますよね。

眼精疲労

まー大した違いはないので気にする必要はありませんが、もし公式サイトで2袋1,000円で購入する場合は、28日分(56粒)!ということを覚えておいてください。

この「えんきん」ですが、見た目は黒豆みたいなカプセルで、噛むと中から焦げ茶色の液体が出てきます。

匂いは薬で良くある普通のカプセルと一緒!
カプセル自体に味はありませんが、中身の液体はちょっと薄ーい塩味がします。

まー噛んで飲むものではありませんので気にする必要はありません。




目の機能性表示食品「えんきん」

 

疲れ目改善を手助けするルテインサプリメント2選!

私が白内障と診断されたのは今から3年ほど前で、医者が言う”あなたの「白内障」は、今どうこうしなければならないほどの重症ではない!”の一言で手術を先送りしていますが、それでも”目に良いものを!”ということで、ルテインサプリメントを飲み続けていました。

最初に飲んでいたのが「朝のルテイン&プラセンタ」という、目の健康に機能するルテインが豊富に含まれたサプリメントです。

女優の大桃美代子さんがこの「朝のルテイン&プラセンタ」を毎日飲んで、”視力が改善された!”とHPに書かれていたので、それがきっかけで始めたんですが、まー初めは効くかどうか分からないので、500円モニターから始めています。




国内初のクッキリサプリ【朝のルテイン&プラセンタ】

 

これを2年ほど飲み続けていましたが、定期的に診断している病院での検査で、”白内障の進行がそんなにひどくない!”と言われたことで、今では会社が忙しいこの年度末の時期だけ飲んでいます。

服用は今では「朝のルテイン&プラセンタ」と「えんきん」を取っ替え引っ替えって感じで飲んですが、効いてる感は「朝のルテイン&プラセンタ」、手軽さとコスパでは「えんきん」って感じです。

下にこの2つの詳細を載せますね。

■「眼精疲労」に効くルテイン配合サプリメント比較!
朝のルテイン&プラセンタ えんきん
販売元:ひとみの専門店 販売元:FANCL
売れ筋:累計40万本 売れ筋:累計400万本
リピート率:92.8% リピート率:未公開
内容量:30本(30日分)1本/日 内容量:56粒(28日分)2粒/日
主成分(1):ルテイン40mg/1本 主成分(1):ルテイン10mg/2粒
主成分(2):プラセンタ6,000mg/本 主成分(2):DHA50mg/2粒
その他:
エリスリトール
マリーゴールド色素
その他:
アントシアニン2.3mg/2粒
アスタキサンチン4mg/2粒
保存料:無添加 保存料:無添加
返金保障:30日以内・開封使用OK 返金保障:無期限・開封使用OK
サービス:ルテインのど飴を全員に サービス:ネットクーポン300円分
 

朝のルテイン&プラセンタ 【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!
価格:3,920円(30日分) 価格:1,000円(28日分)
コスパ:130円/日 コスパ:36円/日

慢性的な肩こり・首こりは眼精疲労も原因のひとつです。
目の奥ジンジン!といった自覚症状があれば、それはほぼ眼精疲労に近い状態になっているはずです。

眼精疲労からくる肩こり・首こりには、今回ご紹介した「めぐりズム」を使った温冷交代浴がかなり効くはずです。

オフィスでもできる「めぐりズム」と「えんきん」のコラボでこり改善!
参考になさってください。敬一郎でした。

無料&格安モニターでお得にお試し!

気に入って使っている化粧品やサプリが、あるときから”何となく自分に合っていない・・・”と感じることがありませんか?
化粧品は年齢に合わせて自分に合ったものに替えて自分を輝かせるものですし、サプリメントも変化する自分のからだに合わせて、より自分に合ったものに替えていくものです♡

ただ一度も試していないのにいきなり数千円という値段を支払うには、勇気と抵抗と疑いがありますよね♡

無料モニターやトライアルから始めると大きな出費もないですし、失敗もしないで済みます♡