子供の顔の乳児湿疹とあせもを薬に頼らず天然ボディーソープとローションだけで治した私の経験

あせも


chihayaこの暑い季節になると毎年思い出すことがあります。
それは”乳児湿疹+あせも”!私ではなく子供の乳児湿疹+あせもです。

あの頃はホントに辛かった~!上の子は産まれた時から乳児湿疹がひどくて、もしかして”アトピー?”って疑うくらいひどい状態でしたから。

何度もお医者さんに相談したし、こんなひどいお肌を持って生まれてきてゴメンねって、旦那の前でワンワン泣いちゃったこともあったし、一時期はあの有名な「土佐清水病院」に駆け込もうかとまで真剣に悩んだことがありました。(笑)

幸いに、上の子の乳児湿疹は産まれて1年足らずして快方に向かいましたが、それを引きずってか今でも毎年夏場に”あせも”がちょぼちょぼと出ています。

あの頃のひどさはもう無くなったので、今ではお風呂上りに使うローションなどに気を使っているだけですが、”あせも”などのお肌の弱い子供には、やっぱりボディーソープとローション選びは大切だと実感しています。

皮膚の弱い子供を産んでしまった母親のつらい心情!

話が脱線しますが、ちょっとだけ私の昔の苦い経験を書きます。
上の子を産んですぐに思ったことが、やはり乳児湿疹でした。

生まれた子供って、すぐに新生児室に入れられますよね。
同時期に生まれた子供と並べて寝かせられていて、その寝姿がどの子も愛くるしさを振りまいてスヤスヤと寝ています。

アトピー

ただ、うちの子だけやっぱり変なんですよ。
ほかの赤ちゃんはお肌がスベスベしているのに、私の子だけ顔が真っ赤に腫れていて、しかも顔にかさぶたができているんですよ。

その後もジクジク⇒乾燥を繰り返して、退院する頃にはもうお肌がボロボロになるくらいひどかったんですよ。

今でこそ笑い話になりますが、新生児室ではお肌のきれいな他所の赤ちゃんと並べられているし、ガラス越しにそれを見ている方もいて、まるでうちの子が”見せ物?、健康比較対象?”って感じで、2つ3つグサッと刺さるコソコソ声も聞こえてきて、ホント、ベッドの中でひとりで泣いちゃいましたよ。(笑)

ただ泣いてもいられないので、”あーこの子とこれから頑張らなくっちゃ!”という覚悟を決めて退院したのを覚えています。

薬に頼らない乳児のお肌ケアと皮膚炎の治し方!

あの頃、お医者さんからは”ひどいときはステロイド剤を薄く塗って・・・”みたいなことを言われましたが、ステロイドやヒルドイドは結局炎症を抑えるだけだし、生まれたばかりの子供にとってステロイドやヒルドイドは、将来どういった「副作用」が出るのか分からないので、怖くて使えませんでした。

あまりにもひどいときには薄く使いましたが、あの頃私はステロイド剤には良い印象はなかったので、退院後、子供のからだを洗い流すボディーソープとかローションなどを探しまくりました。もちろん、非ステロイド系のお薬も試してみました。

新生児

お肌の炎症は、生まれ持ったアレルギー体質・アトピーのほか、主にからだに付いている雑菌が原因ですから、まず親がしてあげられるのは、子供のからだをお風呂できれいに洗い流して雑菌を取り除いてから、刺激の少ないうるおい成分を含んだローションを塗るのが先決なはずです。

ステロイド剤は悪化したときだけ使うに留めて、普段は低刺激性の天然由来成分で作られたソープやローションで試してみるのが先決でしょって思ったんです。

天然由来成分に拘ってソープやローションを厳選して使ったせいか、これが功を奏して副作用の心配もなく今は子供のお肌トラブルは”あせも(汗疹)”くらいで済んでいます。

もし、乳児湿疹がひどかったり”あせも(汗疹)”が出来やすい!とか、お肌がガサガサで痒いといった子供のお肌には、すぐにステロイド剤などに走るのではなく、まずからだをきれいにしてから専用のソープやローションを使った方が長い目で見れば正解だと思います。

ステロイドやヒルドイドを使うのは最後の手段だと思っていた方が良いです。

偉そうに書いていますが、私だってこれに行き着くまであれこれ悩みましたよ!
ステロイドやヒルドイドを使わないことでさらにお肌を悪化させるんじゃないか・・・とかを母親に相談したり、いろいろと聞いたり調べたり助言をもらったりして、”やっとここまできた!”って感じでした。

ただ、子供を産んだことのある女性(母親)ってやっぱり強いんですよね。
母が、乳児湿疹で顔が真っ赤に腫れていて、顔にかさぶたまでできているわが子を見て、にっこり笑って的確なアドバイスをくれたことを今でも覚えています。

母から教えてもらった赤ちゃんのお肌ケアの注意点!

  • オムツかぶれは肌荒れの原因になるから、お肌に通気性を持たせる意味でも1時間に1回は交換する
  • 寝かせているシーツ(タオルケット)は、よだれが付いてすぐに雑菌が繁殖するから、オムツと一緒に取り替える
  • 子供とやたらチュッチュッしない!あんたの口は雑菌だらけだから!
  • 汗を掻かない程度の室温と加湿に気をつけること
  • ミルクをあげたら口周りだけでなく、顔全体も拭いてあげること
  • からだを洗うソープとシャンプーは子供向けの低刺激のものを使って、スポンジは使わずかならず泡立てて手で洗うこと
  • 大人と同じお風呂・お湯は使わない・入らないこと


もっと言われたことがあったと思いますがもう忘れました。

これって簡単に書いていますが、もんのすごく大変ですよ。(笑)
親ができることは、常に子供のからだを清潔に保ち続けること!うるおいを与え続けること!しかできないのですから。

それでも乳幼児のうちは、乳児湿疹やあせも(汗疹)があってお肌が乾燥すると無意識に掻きむしってしまうし、掻きむしったところから入った雑菌でお肌をさらに荒れさせてしまうので、お部屋の室温と湿度にはかなり拘りました。

初めは掻きむしり防止に、通気性のある手袋を付けたこともありましたが、それで手をかぶれさせたこともあったので、経験上おすすめはしません。やはり適度な湿度を保つことが一番効果があると思います。

それと、幼い子供・乳幼児に使うボディーソープは、市販で売られている子供向けのものより、殺菌作用があるものと保湿効果を長く保つ天然成分で作られたボディーソープが肌に刺激が少なくて良いと思います。

市販のボディーソープは万人のお肌に合うように作られているものがほとんどだし、価格を抑えるために添加剤が含まれているものも多いからです。

事実、市販のものを使って子供にはあせもを作らせたし、その影響か痒がって一晩中泣かせたこともありました。

もし市販品のボディーソープやローションを選ぶのでしたら、その点は注意されて選んだ方が良いです。

乳幼児・子供のお肌の健康には葉酸とビオチンが効果的!

もし市販品以外で子供のボディーソープをお探しなら、以前このブログでも紹介したアトピー系のお肌の炎症を抑える効果のある”ビオチン”が配合されている【しみずの無添加ボディソープ】が子供の荒れ肌改善におすすめです。




【しみずの無添加ボディソープ】
 

ビオチン:肌をトラブルから守るビタミンの一種!
皮膚や粘膜の維持、爪や髪の健康に深く関わっているビタミンで、不足するとアトピー性皮膚炎や脱毛などの皮膚症状や食欲不振、うつなどの症状が現れます。
ビオチンは肌バリア機能の「セラミド生成」を促してくれる成分です。


この「しみずの無添加ボディソープ」は、このブログでも何度か紹介していますので、もしよろしければ以下の記事を参考になさってください。


お風呂上りに付けるローションは、市販の無添加ベビーローションでも良いですが、その中でも葉酸とビオチンが含まれたものがおすすめです。
葉酸は痛んだお肌を引き締めて皮膚の健康を保つ働きをします。


コスメコンシェルジュがつくったベビーローション【ぬくもりミルクローション】

 


私のお気に入りのものを2つほど挙げましたが、基本、乳幼児や子供のお肌ケアは、”乾燥させない!”、”からだを清潔に保つ!”この2つを守ればかなりの効果が期待できると思います。

時と場合によっては違うし、子供のお肌の状態にも左右されますが、私は基本、薬に頼らないで肌荒れの原因である雑菌をからだから取り去ることが、子供のお肌の健康を保つ第一歩だと思います。

ステロイド、ヒルドイドは炎症を抑えるだけの効果であって治す効果はありません。
また多用していると、そのうち効果が薄れて効かなくなる可能性もありますし、そこからはもう後戻りができなくなってしまいます。

この夏の乳幼児・子供のお肌ケアとあせも対策!
参考になさってください。千早でした。

無料&格安モニターでお得にお試し!

気に入って使っている化粧品やサプリが、あるときから”何となく自分に合っていない・・・”と感じることがありませんか?
化粧品は年齢に合わせて自分に合ったものに替えて自分を輝かせるものですし、サプリメントも変化する自分のからだに合わせて、より自分に合ったものに替えていくものです♡

ただ一度も試していないのにいきなり数千円という値段を支払うには、勇気と抵抗と疑いがありますよね♡

無料モニターやトライアルから始めると大きな出費もないですし、失敗もしないで済みます♡