化粧品やサプリを変える前に無料&格安モニターでお得にお試し!

紫外線に勝てないUV対策には日焼け止め効果を高めてくれるSPFスプレーの同時使用がおすすめ!

日焼け止め 美肌コスメ・肌ケア・臭い対策
この記事は約5分で読めます。

chihaya今年のこの夏の暑さはちょっと強烈ですね~♪
何なのでしょう、このドライヤーの熱を浴びているような風と紫外線たっぷりの太陽光!

紫外線は、地面に反射してお肌や顔に降りかかるので、この時期、「UVプロテクター」や「BBクリーム」は絶対に欠かせないものですが、結局、汗をかくと剥がれ落ちてあまりUV効果が持続しないように感じます。

私の場合、紫外線対策のために「UVプロテクター」や「BBクリーム」を朝に一回塗っていますが、今の時期は汗で流れてしまうので、不足分を出先で「SPFスプレー」や「SPFミスト」でプロテクトするのがお決まりになっています。

お風呂上りにお肌にヒリヒリ感を感じたら、たぶん紫外線負けなので、ぜひ「SPFスプレー」を試してみてください。

「SPFスプレー」や「SPFミスト」って千円程度で意外とお安く買えるものです。

夏の紫外線対策はお肌だけではなく髪の毛の同時ケアも大事!

SPFスプレーやSPFミストって、ほとんどの製品が顔や腕、脚など、からだ全体に使えるし、簡単に手入れができるのでけっこう使わせてもらっています。

一番重宝するのが出先で汗をかいた時、メイクの上からシュッとするだけで手当てが簡単にできてしまう「SPFスプレー」です。

汗をかいたらちょちょっと汗を拭いて、メイクの上から吹き掛けるだけで簡単にUVプロテクトできるので、ここ最近はいつもトートバッグの中に入れて持ち歩いています。

私はこのSPFスプレーを髪にも使っているんですよ。
そう!紫外線対策として頭皮と髪の毛のケアにも使っているんです。

知ってましたか?

紫外線対策はお肌を対象にする方が多いですが、夏の強い紫外線は、いくらUV用の日傘や帽子で防いでも髪や頭皮にまで届いて髪の毛を傷めてしまうんですよ。

<紫外線が髪に与える影響>

    • 夏の紫外線は帽子を被っていてもキューティクルを剥がしてパサパサになる!
    • 紫外線がメラミンを分解し、ヘアカラーを台無しにする!
    • 頭皮の老化を早めて抜け毛や切れ毛、白髪を増やす!
    • 頭皮の日焼けは毛根に影響し、髪の栄養バランスを崩す!

その「SPFスプレー」ですが、髪の毛や頭皮用にも使える「SPFスプレー」って私が知らないだけなのか、あんまりネットで紹介されていませんよね。

たぶんほかのSPFスプレーも髪に使えるんだと思うけど、”髪にも使える!”って堂々と謳っている商品はあまり見掛けないですよね。

なので私は髪にも使える「ブライSPFスプレー」というものを使っています。

行き付けの美容院さんから頂いたものですが、メイクの上からでも直接使えるスプレータイプでSPF50・PA++++のものです。

これを出先で”暑っつい!”と感じたら髪の毛に吹きかけて、ワシワシ揉んでブラッシングすればOKです。

使い始めは髪のベタつき感は多少ありますが、それもブラッシング後すぐに乾燥してサラサラになります。

ただ顔にスプレーするときは、少量だけ顔に振りかけて指で軽く伸ばして使う方が効率的に塗れます。

スプレーの匂いはちょっとしたフルーツっぽい香りがしますよ。

もしよろしかったら試してみてください。
使った後はさっぱりして気持ちいいですよ。

知らなかった!SPFスプレーはビートップスでも売られていた!

「SPFスプレー」って人気がないのかな・・・私はけっこう気に入って使っていますけど。

ネットで見てもあんまり大したものは売られていないし、@コスメを覗いても私の使っている「ブライSPFスプレー」と「ハーバルガーデンSPFスプレー」しか載っていないんですよね。

この「ハーバルガーデンSPFスプレー」は、読売テレビとベルメゾンのテレビ通販番組「ビートップスでお買物」で紹介された製品で、TVを見ているとき、”あっ!これじゃん!”って知りました。

ただこの「ハーバルガーデンSPFスプレー」は、「ブライSPFスプレー」と同じく髪にも使えるものですが、蚊が嫌う植物由来のエキス成分(シトロネラールなど)のエキス成分が入っているので虫刺されにも効果があるそうなので、ちょっと値段もお高めです。

アウトドアにも使えるっていうのが売りだそうですが、私には寄って来る虫もいないので必要なしって感じです。

外に出て3分もすればお肌がジリジリして、”あ~肌が焼けるぅ~!”って感じたら、この「SPFスプレー」を試してみてください。

”使うだけの気休めっ”てところもありますが、少なくとも伊達にSPF50・PA++++を謳っているわけではないでしょうし、紫外線でシミができてしまってからだともう手遅れになってしまうので、お肌が荒れ始める前に使うのがいいと思います。

ただSPFの数字に拘る必要はありません。
SPFは日差しを浴びて”皮膚が赤くなるまでの時間”の目安でしかありません。

SPF50だと1000分(16時間)効果が持続するって意味ですが、日本は16時間も太陽が出ていませんし、それだけ長く紫外線を浴びる人もいないから30くらいで十分です。(笑)

何気に便利なUV対策「SPFスプレー」
参考になさってください。千早でした。